ホシクズノシティ

雑貨屋開業を夢みて。ハンドメイドや日々のこと。

忙しい人。

こんばんは、CHIKAです。

 

新卒で就職した会社が所謂大ブラック企業だったわけで、大学4年4月に内定をいただき、月1で研修がありました。そもそもそこでもう違反な気もしますが。内定をもらった者は逆らえない風潮でしたね。

入社後の泊まり込みの研修合宿では朝方まで挨拶の練習をしたり、チームにわかれてお互いを褒めあおう指摘しあおう、みんなの前で自分をさらけだそう、とスピーチの場があったり。でも人間馴染んでいくわけで。朝まで挨拶の練習を頑張った自分たちを誇りに思ったりしました。わらける〜。

入社後は言葉の暴力あり、晒し者にさらされることあり、日付変わるまでの残業や上司が帰るまで帰れない雰囲気(これは人の目を気にしなければさっさと帰れたわけですが)。大学時代の研修費を入社後に月々から支払っていました。ただ、これをブラックと思うかどうかは自分次第で。私はこんな会社に勤めている自分がとても気持ち悪くなってしまい、約半年で退職しました。(そうです、ゆとり世代です)

 

ただ、こんな会社でしたが心に残る言葉がありまして。

 

◆忙しい、と言うな。

上文を見てからだとブラックっぽく聞こえますが、《忙しい人には仕事を頼みにくい》とのこと。自分の依頼が後回しにされてしまう、ということからだんだん仕事が自分に回ってこなくなるそう。それに、《忙しい》の感覚は人それぞれ。忙しいのではなく、私の仕事が遅いのでは?と自分に問い効率化をはかるようにしています。それに、本当に忙しい人は周りが見ています。

それでも、忙しいなぁと思うときはあるので、心の中で「今とっっても忙しいでーす!話かけないでぇー!!」って叫んでいます。。。笑

 

ブラック企業で働いてよかったと思ったことは社会には《ヤバイヤツ》が結構いる、と思ったが、解放されてからそうではないとわかったこと。次の会社(今の会社でもありますが)で多少辛いことがあってもなんなく乗り越えられるメンタルがついたこと。優しい人はいっぱいいることを知れたこと。

 

退職してよかった、と思う反面、今でも頑張って働いている同期を見ると羨ましくも思います。これってなんででしょうねぇ〜。謎。

 

◆人に頼みごとができない

これってあんなまりよくないことだとは思うのですが。自分の仕事を全て把握しておきたい、ミスを指摘できない、怒れない、これらが原因です。結局自分でやったほうが早いじゃーん。ってなる。入れ替わりの多い職場なのでそこそこ後輩ができてくるんですが、年上の方ばかり。なのでなんとなく見下されているのを感じることもあります。見下されるような自分であるのもよくないんだと思うけど、当たり前にそうゆうことする人にはそれなりの態度をとります。

会社では一番年齢が若いですが、勤労年数だと真ん中くらい。少々生意気になってきました。

 

なんでも自分でやろうとするからこそ、新しいことに挑戦することは苦ではありません。むしろやりたいと思ったことはすぐに始めるタイプ。やってみないと向いてるか向いてないかわからない。向いてなかったらやめればいい。ずっとその繰り返しです〜。

 

以上、読んでいただきありがとうございました。