ホシクズノシティ

雑貨屋開業を夢みて。ハンドメイドや日々のこと。

店員さん。

こんばんは、CHIKAです。

 

花粉症とは無縁ですが、風邪っぴきです。咳が止まりません( ;  ; )

 

◆売る、買う、だけでいいの?

雑貨屋さんをやるにあたり、ただ売買するだけのお店にはしたくないなぁ、って思っています。ただ、そこにある雑貨が好きだから、という理由で同じ雑貨屋さんに行くのかなぁ?と思うのです。

清潔感のある可愛らしい雰囲気、明るい店員さん、など雑貨以外にも惹かれることがあるからこそ何度も同じお店に通うのではないのでしょうか。

 

 

◆店員さんの存在

現在営業アシスタントとして働いていますが、もちろん対お客様です。アルバイトではありますが、お洋服屋さんや飲食店で働いていたこともありました。そのせいもあるのか、、、店員さんをよくみてしまう自分がいます。

日曜日に、久しぶりに会うお友達とカフェに行きました。ここ行きたい!って言ってたカフェがお休みで、雑誌にも載ってて有名なんだよ〜という別のカフェへ入店。日曜のお昼時、混んでいましたがカウンターに案内してくれました。雑誌に載るだけあり、とっても美味しいオムライス!!ただ、それだけです。特に挨拶もなく、忙しいからなのか私や他のお客様の聞こえているだろう声も無視。案内されたカウンターも手の届く範囲にホコリにまみれた文房具入れの缶〜。そんなわけでしたっ。久しぶりに会えたお友達と行くところだから、もっと楽しい気分になれるところがよかった。

でもこれは私の考えです。他の人はおいしいご飯が食べられればいいのかもしれない。私がそれよりも他を優先している、というだけの話です。価値観は人それぞれ。きっと店員さんたちも雰囲気ではなく味を優先していた、それだけの話です。

逆もあると思うんです。カフェの雰囲気がとってもよくて、店員さんも明るくて素敵だった、でも味はイマイチなんだよなぁ。って。

 

まとまらなくなりましたが、私は店員さんが素敵な方を選びますっていう話です。笑

売れないほどまずいものってそもそも商品にしないけど、人ってわからないじゃないですか。その時の気分を表に出してしまう人もいるし、気配りできない人もいる。商品には売れる限界があるけど、人って表にだせない限界ってないと思うんですよ。

 

だから、商品がいいものなのに、店員のせいでお店をガッカリさせたくない、って思うんです。ありがたいことに、過去のアルバイト先や現在の職場は気配りの神様たちがたくさんいます。近くにいるうちに参考にして私も気配りの見習いくらいにはなるぞー!

 

以上、読んでいただきありがとうございました。