ホシクズノシティ

雑貨屋開業を夢みて。ハンドメイドや日々のこと。

知識と意識。

f:id:chikays:20190420001726j:plain

 

こんばんは、CHIKAです。

 

見てくださっている方がいて、嬉しいので久しぶりにお仕事の話。そして嬉しいので嬉しい話をします。

 

◆知識のはなし

今の会社に入社して4年程経ちました。住宅資材の流通の会社なのですが、扱う商材は住宅に関わること全て。基礎、材木、断熱、外壁、建具、住設、照明、タイル、などなど。その量はさることながらシーズンごとに改良され生み出されていく新商品、新しく取り扱う商材など増える一方です。

ほんとに覚えてるの?と言われるとたぶん2割くらいしか覚えていないのかもしれません…。1年に1回でるかでないかの商品。頭の片隅にしまっておいて、お客様から同じ言葉を聞いた時、片隅を探すのです。片隅にしまったつもりが消えているときもありますが。知識ってそのくらいしかないです、というお話です。

 

◆意識のはなし

でもやっぱり知識がないとお客様の対応はできません。なので1回覚えたことは絶対に忘れません!…なんて、とても難しいので違う手でいきます。とにかく素直にです。もうね、わからないことはわからない、とすぐ言います。大人になると知ったかぶりしちゃうじゃないですか。しかもそこそこの年数いると、あれ、知らないの恥ずかしいなってなるじゃないですか。でももうそうゆうの辞めました。わかりません、調べて折り返します、教えてください、ってどんどん言います。教えてもらえたらサイコー。時間短縮だし勉強になるし。

あと、これ、性格的な問題ですけど、人間なので優しいお客様第一優先でやってます。優しくしてくれた分、助けてくれた分、私も助けたくなる。お願い!って言われたことは猛スピードでやります。なるべく個人的な感情は一旦捨てるようにしますが、やはり優しいお客様の仕事は早くやりたくなっちゃう。

 

***

 

こんなやり方、意識、あってるのかなぁ。仕事意識に正解も不正解もないかっ。こんな具合ですが、お客様から、「一生懸命やってくれてありがとう、次の物件も(わたし)さんにお願いしようと思います。」と、言っていただけました。神様ありがとう。

しかも言葉で伝えていただけてほんとに嬉しい。承認欲求が強いらしいゆとり世代、私。とても嬉しいです。

 

 

以上、読んでいただきありがとうございました。