ホシクズノシティ

雑貨屋開業を夢みて。ハンドメイドや日々のこと。

give。

f:id:chikays:20190420001726j:plain

 

こんばんは、CHIKAです。

仕事の話です。10月から消費税増税に伴い、なのか、各メーカーの定価が爆あがりです。発注するなら9月中。というわけで、駆け込み発注でバタバタしております。

 

◆give

仕事をする上で、giveが大事である。

そんな言葉をいつだか聞いたことがあったなぁ、と、ふと思い出しました。

 

giveってなんだろうか。

 

「今」の私の場合は、

・どんな時でも後輩の質問に応える。

 

なのかなぁ、と。少し前までは自分のことでいっぱいいっぱい、目の前の仕事を捌くのに夢中になっていましたが、少し先をみて仕事をするようになってきました。そこで心に余裕が生まれた途端、忙しいときに後回しにしていた後輩からの質問、これ、後回しにするべきではないなと気づきました。

 

◆自分にしかできない仕事

会社員として、自分にしかできない仕事、ってよくないんじゃないかな、と思っています。しかし人数や仕事量の関係で、感情ではなく物理的に誰かに教える余裕もなかった。と、思っていました。でもこれも実は自分次第?

 

自分にしかできない仕事、があって頼られる自分に酔ってる?

後輩に教えるその時間があれば他の仕事をしたい?

 

そんな感情もあったのかもしれません。でも先を見ると後輩を教育して育てていったほうがうまくいくのです。もちろん必ず、ではありませんが。

 

◆注意すること

人に注意すること、とても苦手です、というか嫌いです。

私が会社内で一番若いのですが、中途採用のみとなっているため後輩はみんな年上の方です。なので少し、なめられがち。甘えられがち。

ビシ!と言えればいいのですが、これはもう小学生のときからこうなので大人になって変われるわけではありません。

 

だから、少しずつ変わっていけたらなと思います。

まずは、「ノートにメモしてください。」から。笑

そこからかよー!って感じです。そこからなんです。笑

でもこれ言えてから、「教えてー!」って言われたら「ノートに書いてありますよ」って言えました。それだけですが、それだけで時間短縮なんです。

 

最初に戻ってgiveの話。

たぶん、毎回丁寧に教えようとするから後回しにして時間のあるときに後輩の質問を聞いていたのかな、と思いました。でもそれをどんなに忙しくてもすぐ応えることにしました。そうすると後輩は一回で覚えようとしてくれる、短い言葉で理解しようとしてくれる、スピード感が大事な業務なので頭フル回転です。

 

そんな考えから、少し先、になった今、後輩はできる作業も増えかなり助かっています。そしたら自分も仕事の幅が増えてきました。嬉しい。

 

周りの力があって自分も成長できるんだ、と実感しています。

 

***

 

なんだかまとまりのない文章ですね(_ _).。o○

読んでいただき、ありがとうございました。