ホシクズノシティ

雑貨屋開業までの道のりやこれからのこと。ハンドメイドや日々のこと。

【雑貨屋開業】脱サラ~開業まで。1

こんにちは、CHIKAです。

 

改めて簡単な自己紹介です。

栃木県宇都宮市に雑貨屋さん【milkparade】をオープンします。CHIKA 29歳です。

建築業界(リフォーム営業:半年/建材流通の営業事務:6年半)で7年正社員として働いていました。

趣味でハンドメイドの布小物作家として活動しています。

 

30歳になる前に雑貨屋さんを開業したい!と目標を持ち、29歳にして開業することができました。そんな私の雑貨屋開業までの道のりをまとめてみました。

 

■職場への報告

職場への報告はたぶん脱サラして個人で事業をおこしたい!という方の中では断トツで早い報告だと思います。はい、職場への報告は退職する2年前です。笑

なぜこんなに前かと申しますと、、、

①新卒で入社したリフォーム営業で髪の毛が抜け落ち心がポッキリ折れ、心が復活するまでにだいぶ時間がかかったこと。(休職はしていません)

②2社目の営業事務という仕事に責任を持ち自分なりに精一杯やっていたこと、なので引き継ぎはしっかりやりたいし残る人たちに不安なく仕事をしてもらいたかったこと。

③貯金が少なかったこと。(ほぼこれ)

 

営業事務の仕事は、人数が少なく一人当たりの仕事量が多かったのですが、2年もあれば引き継ぎも出来るし新しく人を採用することもできます。まぁ色々あり報告後の1年は何にも変わらず、実際引き継ぎが始まったのは退職半年前ですが。私の性格上、退職まではしっかり仕事をしたいし関わっていただいた方々に感謝を伝えたかったのでだいぶ早い報告になりましたが、退職のタイミングは人それぞれ。会社は誰かが急にいなくなっても潰れません。変わりはいくらでもいます。

 

あと個人的に思うのは、早ければ早いほど、周りの人は応援してくれます。支えてくれます。背中を押してくれます。私も退職は円満退職(だと思っています)なので職場の方やお客様にも応援のお言葉をいただいたり、開業の準備を手伝っていただいたり、もう感謝感謝感謝です。

 

ちなみに報告の言葉は、

『雑貨屋さんになるのが夢なんです、今すぐにではありませんが退職を考えています、ご相談させてください。』

と、もうそのまま素直に言いました!

 

本日はこのへんで。

以上、読んでいただきありがとうございました。